顎ニキビ(あご ニキビ)ケア商品の選び方

できてしまった大人ニキビは何かと気になりますね。

 

そのなかでも顎ニキビは目立つ位置にできるため、
一刻も早く改善したいのも事実です。

 

早期改善には、ストレスの解消や食生活の改善とともに、
肌に適切なニキビ用化粧品を使いましょう

 

肌に合わない化粧品を適当に使い続けている人は
肌トラブルを起こしがちです。

 

たとえば、乾燥肌や、年齢肌、敏感肌の人が、
10代の頃と変わらないニキビケア化粧品を
そのまま使用すると肌の老化や乾燥が激化してしまうでしょう。

 

年齢に合わせた化粧品の衣替えを提案します。

 

では普通のスキンケア商品と、
ニキビ肌用化粧品の違いは何でしょうか。

 

ニキビ肌用化粧品の特徴は、アクネ菌やブドウ球菌など
ニキビの原因菌に働きかける成分が含まれていることです。

 

また、皮脂分泌が活発であれば毛穴が汚れやすいため、
洗顔やクレンジングには皮脂吸着成分も配合されています。

 

具体的にニキビケア商品に含まれている
代表的な成分をご紹介しましょう。

 

まず、殺菌作用や抗真菌作用がある成分は、
ニキビ肌改善の代表格です。

 

イオウは、赤ニキビや黄ニキビなどの
アクネ菌が増殖している場合に効果的で、
化膿を防ぎます。

 

ニキビは改善とともに次第に固くなり、
跡になる可能性が高いですが、
イオウは肌を柔らかくして
古い細胞や角質を自然に落ちやすくします。

 

皮膚科でもイオウを使った治療を行うことがあります。

 

次に、消炎作用に優れた成分として、
アラントイン、グリチルリチン酸ジカリウムなどがあります。

 

ニキビや肌荒れを改善、修復し、
健康な素肌に戻す効果があると言われています。

 

抗アレルギー作用もあり、赤ちゃんから大人まで
あらゆる皮膚の万能保湿剤として有名です。

 

その他にも、ピーリング効果の高い成分なども有名ですが、
現段階のニキビの状態に合わせた商品を選ぶ必要があります。

 

メーカーや研究所では、
これらの成分をなるべく肌に届きやすい形で生成する都合上、
高価格になる場合もあるようです。

 

また、天然成分を使用する場合は、
産地や使用する水にまでこだわるところも多いのです。

 

思春期ニキビ化粧品と異なる点は、
肌を乾燥させずにニキビを改善させる成分配合という点でしょう。

 

ニキビケア商品を選ぶポイントは
コストパフォーマンスや知名度ではなく、
自分のニキビや肌に合うかです。

 

それを知るために、
まずは気になるニキビケア商品を
試してみることをオススメします。

顎ニキビ(あご ニキビ)ケア商品の選び方関連ページ

顎ニキビケア方法
女性ホルモンの乱れと顎ニキビ〜顎ニキビに良い商品〜