顎ニキビに効く食べ物

一刻も早くニキビを改善するためにはいくつか方法があります。
その中でも食事は人間の体を作る最も大切な行為ですが、気になる顎ニキビに対処するために、適切な栄養素を取り入れていきましょう。

 

積極的に取り入れたい成分は、ビタミンA、B2、ビタミンCです。
ビタミンAは肌を健康に保ち、粘膜の強化、視力の向上、細菌から体を保護するなど様々な働きを行います。
ビタミンA摂取にはレバー、バター、卵、うなぎ、小松菜、にらなどを積極的に食べると良いでしょう。
ただし、通常の食事以外にサプリメントを多量に加えた場合、肝臓に大きな負担を与えることがあります。
摂取量には注意が必要です。

 

ビタミンB2が不足すると、皮膚の粘膜の働きが弱まるため脂漏性皮膚炎などが起こる可能性が高まります。
また代謝を上手く促進するために必要不可欠な物質で、体をスムーズに動かすための縁の下の力持ちとして重要です。
葉野菜、レバー、うなぎ、卵、納豆などを摂取しましょう。
ビタミンB2は光に弱く、さらに水溶性で体に蓄えておくことができません。
冷暗所に保存し、毎日こまめに食べることをお勧めします。

 

ビタミンCは肌の弾力を左右するコラーゲンを合成します。
活性酸素の影響で肌の老化を防ぐだけでなく、若々しい体を維持するためにも必要です。
成人病予防にも効果的でしょう。
ビタミンCは水溶性で体に蓄積できず、ストレスにより大量に消費され失われてしまう特徴があります。
そのストレスとは、精神的なもの以外に、脳や体の疲れ、睡眠不足、暑さや寒さ、病気やスポーツによる体調の変化等も含まれるのです。
いちご、アセロラ、レモン、ほうれん草、ブロッコリー、ピーマン、モロヘイヤなどに含まれています。
市販の濃縮還元ジュースは、たとえ100%であっても生成過程で加熱処理をするため、ビタミンの多くは破壊されています。
栄養摂取としては気休め程度と考えたほうが良いですね。
ピーマンやモロヘイヤは好き嫌いが別れる野菜ですが、他の野菜を圧倒する栄養素の宝庫ですから、調理の仕方を工夫して取り入れたいところです。
いちごやレモンは、スーパーで良く見かける果物ですが、特に柑橘類は過度の農薬の使用が近年問題になっています。
食べる前にしっかり洗って美味しく頂きましょう。
いちごとレモンを使った特製ジャムは栄養バランスが整った万能ニキビケアとしてお勧めですよ。