血行を良くして顎ニキビを改善できる?

女性に多い冷え性ですが、これは血液循環の低下によることが多いです。
血液は心臓がポンプの代わりとなり、そこから全身に行き渡り、もう一度心臓に戻ります。
しかしその働きが低下すると、体にあらゆるトラブルを起こしてしまうことになります。
ニキビも勿論そうですが、冬場に多いと言われる心臓疾患や脳卒中などがその一例でしょう。
血液循環のリズムが、寒さや急激な温度の変化が原因で乱れるため起こると言われています。

 

血液をサラサラに保ちましょうと良く耳にします。
顎ニキビにあてはめて考えると、血液がドロドロになると食事で得た栄養素が体の隅々に行き渡らずに、皮膚に必要なコラーゲン等が低下してしまうのです。
コラーゲンが失われると、肌の弾力や水分が減り、肌内部を守るために皮脂分泌が普段より活発になるのです。
いくら化粧水で水分を補っても、内側が枯れていれば元も子もありませんね。

 

また、外食やファストフードには、野菜が極端に少なく油分が多いことがほとんどですが、毎日のように食べていると血液が徐々に汚れ、血管内に不要物が蓄積されて流れを妨げてしまうのです。
それによって悪玉コレステロールが増加し、腸内環境が悪くなるという悪循環を招くことになるでしょう。
かといって、あまりにも血流が良すぎてサラサラになると、赤血球が減少することで貧血を招いてしまいます。
もし血液がどのような状態であるか気になる人は、いくつかの医療機関で調べることも可能です。

 

血液をサラサラに保ち血管を丈夫にする食品は、有名な納豆、DHAが豊富な青魚、お酢、また血流低下による腸内環境を整えるためには、繊維質の多いごぼうやさつまいもなどを積極的に摂取しましょう。
ただしこれらはバランスの良い食生活で取り入れるべきもので、そればかり食べたからといって血流が改善されるわけではありません。

 

食生活も気をつけているのに顎ニキビが治らないという人は、軽い運動で筋肉をある程度鍛えることも必要です。
ふくらはぎは第二の心臓と言われており、血液をポンプのように循環させる機能があります。
半身浴とふくらはぎマッサージを組み合わせて行うと、体がぽかぽか暖まるのを感じることもでき、血流も向上するのでお勧めです。
時間にして約30分程度ゆっくりと湯船に浸かり、ふくらはぎを上下にゆっくりともみほぐします。

 

顎ニキビは血流の改善で案外解消される場合も多いのです。