大人ニキビを作るやってしまいがちな誤り行動とは?5選!

大人ニキビを作るやってしまいがちな誤り行動とは?5選!

日常生活において、大人ニキビを作る元となる誤り行動 5選!

06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_s

思春期のニキビは肌が脂性に傾くことで、毛穴に皮脂が詰まってしまうことによりニキビができるのに対し、大人ニキビは、普段の生活習慣によるものが多いとされています。私たちは普段の誤った生活習慣において、知らず知らずのうちに大人ニキビを作ってしまっている場合があるのです。この大人ニキビを作らないためには、日頃の生活習慣を一度見直すだけで予防対策になるのです。

シャンプーなどのすすぎ残し

シャンプー時にすすぎ残しなどがあると、シャンプーの強い洗浄成分が肌に残ったままの状態になってしまいます。シャンプーなどの洗浄剤には、肌に刺激を与えるような強力な石油系の合成界面活性剤などが多数配合されているので、それが肌に刺激を与え、ニキビの原因となるのです。特に額や顏周り、首周りなどにシャンプーのすすぎ残しが無いように、丁寧にしっかりとすすぐようにしましょう。

洗顔料による刺激

メイク落としに使用されているクレンジングや、洗顔に使用されている泡の洗顔料には、石油系の合成界面活性剤などの成分が多く含まれており、肌に刺激となる場合もあります。特に、肌の弱い方や敏感肌などの方は強いクレンジングや洗顔料を使い続けることにより、それが肌の負担になります。そして、肌から皮脂を取り過ぎることにより、乾燥肌の原因になってしまうことがあります。乾燥肌になれば、肌のターンオーバーが乱れ、毛穴に角質が溜まり易くなるので、ニキビが発生してしまうのです。皮脂を取り過ぎない、自分にあった肌にやさしい洗顔料を選ぶことが大切です。

メイクによる肌への刺激

肌に載せるファンデーションやメイクなども、肌の直接の刺激になったり、毛穴を塞いでしまうので肌にとっていいとは言えません。メイクはなるべく控えた方がいいですが、メイクをした場合は帰宅後にきちんとメイクを落とすことが大切です。メイクの落とし残しがあると、毛穴にメイクが詰まったままになり、それがニキビ発生の原因となるので、丁寧にメイクを落とすようにしましょう。

フェイスタオルや枕カバーなどの雑菌による刺激

毎日使うフェイスタオルや枕カバーなどは、特に雑菌が繁殖しがちです。毎日同じものを使用していると、雑菌が肌に付着し、それがニキビの原因に繋がるのです。フェイスタオルや枕カバーなどは、小まめな洗濯を行い常に清潔に保つように心掛けましょう。

髪が肌に触れることによる刺激

前髪や顏周りの髪が肌に触れることで、髪に付いた汚れや雑菌などが肌に接触し、それが直接刺激となることで、ニキビが出来てしまう原因となります。顔周りの肌に髪が触れないよう前髪をピンで留めたり、髪をまとめたりするなどし、なるべく直接髪が顏に触れないように工夫することが大切です。

肌の乾燥が大人ニキビを招く!

cc9e8e36fc63c17322349b01d081b068_s

大人ニキビの原因のひとつとして、肌の乾燥が挙げられます。それは、肌が乾燥すると肌のターンオーバーが上手く働かず、角質を溜める原因となるからです。

角質が溜まると毛穴も詰まってしまうことに繋がり、毛穴の詰まりがニキビを発生させてしまうのです。肌が脂性に傾くのもよくないですが、大人ニキビを防ぐには、肌が乾燥するのもよくありません。

基本的に肌の乾燥が気になる方の改善対策として、まず、洗顔を見直す必要があります。

朝はクレンジングや洗顔料を使用せず、水洗顔や比較的刺激の少ないクレイ洗顔などをし、お肌の負担を減らすことが大切です。

また、洗顔後は化粧水やクリームなどで肌の保湿をきちんと行うようにしましょう。それがニキビケアに繋がるのです。また、ニキビケアのためには、ビタミンCなどを積極的に摂ることも大切です。

ビタミンCは抗酸化作用があり、ニキビ跡などにも効果的だと言われており、肌の健康維持やハリを保つためには欠かせないものだからです。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る