思春期ニキビと大人ニキビの違いって何?大人ニキビ改善法とは!

思春期ニキビと大人ニキビの違いって何?大人ニキビ改善法とは!

思春期ニキビと大人ニキビの違いってなに?

33a02441144b7df6db7f15395caa421c_s

ニキビは、主に思春期の時期にできる思春期ニキビと、大人になってからできる大人ニキビがあります。ニキビができる原因はそれぞれ異なります。

若い人特有の思春期ニキビは、皮脂の分泌が活発になり、肌が皮脂で覆われやすいためにできることが多く、思春期を過ぎれば自然に治まると言われています。特に、思春期になると男女問わず男性ホルモンの分泌が盛んになり、その働きによって皮脂の分泌が促され、肌が自然と脂性に傾いてしまいます。

すると、肌が脂性に傾くことで、皮脂の過剰分泌が起こり、毛穴を塞いでしまうことによりニキビが発生するのです。

また、大人が発症する大人ニキビは、思春期ニキビとは違い、肌の乾燥やターンオーバーの乱れなどにより発生することが多いと言われています。

大人ニキビは不規則な生活習慣や、ホルモンバランスの乱れ、過度なストレスなども深く係わっており、肌の新陳代謝が悪くなってしまい、肌が乾燥したりすることでニキビが発生するのです。

大人になれば思春期のような過剰な皮脂分泌は治まりますが、大人ニキビは根本的な問題を突き止め解決しなければ治らないことも多く、また治るのに時間が掛かってしまうことも多いのです。

大人ニキビの原因とその予防・改善方法とは?

136067e6518eb4913603219af33775d9_s

大人ニキビが出来る原因はいろいろあると言われていますが、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

また、もし大人ニキビができた場合、ニキビケアを怠ってしまうと肌に跡が残ってしまうこともあり、そうならないようにするには、ニキビを作らないようにすることが大切なのです。

不規則な生活習慣

夜更かしや睡眠不足が続き、不規則な生活習慣をしていると自律神経の乱れを引き起こしてしまいます。

自律神経が乱れると肌のターンオーバーも乱れてしまい、肌に古い角質が溜まることで、毛穴を詰まらせる原因となります。毛穴が詰まるとニキビの発生に繋がってしまうのです。

ニキビの予防・改善対策としては、普段から夜更かしなどをせず、十分な睡眠を取ることです。睡眠は肌にとってのいいご褒美となります。

また、十分な睡眠は成長ホルモンを促し、肌のターンオーバーには最適と言えます。日頃から早寝早起きを心掛け、1日7~8時間程度の十分な睡眠を取ることでニキビケアや美肌にも繋がるのです。

毎日、規則正しい生活を行うように心掛けることが大切です。

ホルモンバランスの乱れ

女性は毎月生理があり、女性ホルモンの影響を受けるため、ホルモンバランスが乱れがちになります。また、生理不順やPMS(月経前症候群)なども、ホルモンバランスを乱す原因となります。

このホルモンバランスが乱れてしまうと、肌にも悪影響を与えることになり、肌のターンオーバーも乱れてしまうのです。

肌に古い角質が溜まることで、毛穴が詰まる原因となりニキビが発生してしまうのです。

ホルモンバランスの乱れを予防・改善するには、ホルモンバランスを整えてくれるようなサプリメントを飲んだり、美肌にいいとされているビタミンCやビタミンB群などを多く含む食べ物を中心に日頃から積極的に摂るようにすることが大切です。

過度なストレス

社会生活を送る上で誰でもストレスは感じているものですが、過度なストレスを溜めることはよくありません。

過度なストレスを溜めると、自律神経が乱れがちになり、交感神経と副交感神経のバランスを崩してしまい、肌にも悪影響を与えてしまうのです。

そうすると、肌のターンオーバーも乱れ、肌に古い角質が溜まることにより、毛穴が詰まる原因となりニキビ発生に繋がります。

予防・改善対策としては過度なストレスを溜めないように、休日には趣味やスポーツを楽しんだり、湯船にゆっくりと浸かってリフレッシュしたり、自分に合ったストレス解消法を見つけることが大切です。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る