それ本当?乾燥肌と脂性肌のニキビ原因は同じ?

それ本当?乾燥肌と脂性肌のニキビ原因は同じ?

乾燥肌とオイリー肌、ニキビができる原因

a47850d9b5cd66207893bc72ff27e20d_s

乾燥肌なのにニキビができてしまうことがあります。いわゆる大人ニキビです。乾燥しているのにニキビができるということは分泌する皮脂量に比べ毛穴が小さい、または目詰まりしやすいためです。

皮脂量が多くても毛穴が大きくて排出が円滑なら詰まることはありません。頬、あごやフェイスラインに大人ニキビが多いのは皮脂の分泌は少ないが、毛穴のサイズが小さくて皮脂が詰まりやすいためです。

逆に脂性のオイリー肌の代表といえば思春期ニキビです。思春期はホルモンの働きが活発になる時期です。この時期はホルモンの影響で皮脂腺が発達して分泌がさかんになります。

そのため皮脂で顔面の脂性が目立ちます。額や鼻筋に集中する思春期ニキビですが、皮脂の分泌の増加に対して毛穴の成長が追いつかないために起こります。

皮脂が詰まった毛穴に菌が繁殖して炎症をおこしニキビができるわけです。乾燥肌も脂性肌もニキビの原因は毛穴の詰まりだったというわけです。

ニキビケアはどうすればいいの?毛穴をつまらせないための対策とは

730b6a9aef363a37d5149878f964a9f1_s

では、毛穴を詰まらせないスキンケア対策とはどういったものでしょうか。ありがちな間違いは洗顔です。ニキビがあると、脂性分のせいだと1日に何度も洗顔する人がいます。

しかも、ゴシゴシこすり洗いしてしまったり、脱脂力の強い洗顔料を使っていたり。これでは表皮のバリア機能が破壊されてしまいます。

正常な角質が形成されないと毛穴詰まりの原因になったり、保水力が下がり乾燥してしまいます。ニキビが多い人はもともと脂性肌だという人が多いですから、オイリードライという肌に傾いてしまいます。

炎症のひどいニキビのある人は、こすると刺激になりニキビケアしているつもりが、悪影響になってしまいます。洗顔するときは、なるべくやさしく触れましょう。

洗顔料をたっぷり手のひらで泡立ててから面積の広い頬、額から洗います。小鼻などの細かい部分は指でやさしく洗います。タオルで拭く際もゴシゴシ擦らずやさしく押さえるのみです。

乾燥が気になる人は脱脂力の強い洗顔料は避けて下さい。また汚れたファンデーションがオイルと一緒に毛穴に残ると炎症を起こしてしまいます。

ニキビ菌は脂分が大好きですから、クレンジングオイルの使用は避けましょう。オイリー肌の人はジェルやクリームタイプのクレンジングを選ぶようにします。

またニキビができたらつぶしてしまう人がいますが、ニキビは触ると炎症を悪化させるだけでなく、ニキビ跡が残りやすくなります。

「ニキビは絶対に触らない」これが基本です。やさしい洗顔と保湿が毛穴の詰まりを防ぎます。自然に炎症が治るのを待つのが一番ですが、もしもつぶしてしまった時は、熱めのお湯でつぶした跡を洗います。

それは患部を清潔に保つこと、皮膚の血行を促す必要があるからです。血行が促進されると皮膚組織が膨張し盛り上がるのでニキビ跡がぽっかり凹むのを防いでくれます。

そのあと消毒液で軽く消毒しておきましょう。きれいな肌づくりのためには食事にも気をつけましょう。昔からビタミンCは美肌の元といわれます。

それはビタミンCがからだの中の活性酸素を消してくれる働きがあるからです。そのほか、コラーゲンの生成促進、分解を抑制して肌の代謝を上げてくれます。

果物ではいちごやキウイ、野菜ならブロッコリーやパセリなどにビタミンCが多く含まれています。また糖質、脂質、たんぱく質、アミノ酸の代謝を促進してくれるのがビタミンB群になります。

ミルクやチーズ、レバー、大豆に多く含まれます。(B1、B2、B6、B12、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、リポ酸がビタミンB群になります。)さらにビタミンAは角質を含めた表皮の代謝に関係しています。

うなぎ、レバー、緑黄色野菜はビタミンAを多く含んでいます。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る