混合肌の女性のためのニキビケア

混合肌の女性のためのニキビケア

そもそも混合肌ってどんな肌?

e2613a33751bf78d561d51e98e662013_s

人の肌のタイプにはいろいろあり、乾燥肌や脂性肌、敏感肌などがあります。

また、特定の部分のみがすごく脂っぽいのに対して、それ以外の部分は乾燥してしまうなど、脂性肌と乾燥肌が混在している場合は、混合肌と呼ばれています。

大人ニキビで悩んでいる方は、それぞれの肌タイプに合わせたニキビケア対策をしなければ、ニキビが悪化してしまったり、ニキビ跡が残ってしまったりする可能性があります。

間違ったスキンケアが、大人ニキビ発生の原因になってしまうのです。肌は乾燥によって角質層の水分が奪われてしまうと、肌のバリア機能が崩壊してしまいます。

角質層のバリア機能を失ってしまうと、肌は皮膚表面を保護しようとして、過剰な皮脂の分泌を行い、皮脂膜を作り肌を守ろうとするのです。

もし、肌が乾燥したままの状態で、皮脂膜が作られなければ乾燥肌になってしまいます。結局は、乾燥肌も脂性肌も角質層の乾燥によって引き起こされてしまう肌トラブルなのです。

これは、混合肌についても言えることであり、乾燥によって生じたトラブルが、一部分だけ皮脂が過剰に分泌されてしまったと言う結果に過ぎません。

過剰な皮脂の分泌により、毛穴に角栓が詰まり、そこに皮脂が溜まることで思春期ニキビが発生するのに対し、大人ニキビは肌の乾燥によって、バリア機能が低下してしまうことにより、ターンオーバーが崩壊し、角栓が毛穴に詰まってしまうことで大人ニキビになるのです。

混合肌の場合、10代の時は思春期ニキビができやすく、20代以降は大人ニキビができやすい肌タイプと言えます。

混合肌の方は、大抵Tゾーンと呼ばれている額や鼻筋から鼻先、小鼻部分などが特に皮脂が浮きやすい箇所になります。

また、Uゾーンと呼ばれているフェイスラインから頬、口周りといった皮脂が出にくい箇所が乾燥しやすくなります。

角質層が乾燥した場合は、特にTゾーン部分は皮脂の分泌がされやすく、皮脂膜による防御が可能です。しかし、皮脂膜による防御がされにくいUゾーンは、そのまま肌表面が乾燥状態のままになります。

従って、混合肌というのは、実は顔全体の角質層が乾燥しているのです。

これらのことから、混合肌のニキビケア対策として大切なことは、Tゾーンの表面的な皮脂の状態にとらわれずに、まずは角質層の保湿をしっかりと行っていき、肌のバリア機能を回復させることが重要なのです。

混合肌の大人ニキビに最適なスキンケアとは!

21f566e4e4652101e444eaa20c1db4ed_s

混合肌の方は、肌の角質層のバリア機能が弱っているため、外部刺激を与えないことが大切です。これは、洗顔時にも気を付けなければなりません。洗顔時は、混合肌に合った洗顔をするようにしましょう。混合肌はTゾーン部分はべたつきますが、Uゾーン部分は乾燥しがちという両極端の肌状態を持っているため、

洗顔時には、Tゾーンにのみ洗顔料を付けて洗顔を行うようにしましょう。その後のお手入れ方法としては、収れん化粧水などを使用し皮脂の多いTゾーン部分を先にパッティングしていきます。

その後、顏全体に保湿化粧水を付けていくようにしましょう。使用する化粧水は、角質層内部でバリア機能を強化するセラミドを含んだ化粧水を使用することで、保湿による肌の回復を助けてくれます。

化粧水を付ける際には、擦ったりせず、できる限り肌に刺激を与えないように注意しましょう。

また、Tゾーン部分に多いポツッとした大きな毛穴は、肌が乾燥しているとさらに目立ってしまうので、きちんと保湿することである程度毛穴を目立たなくすることができます。

そして、普段から健康的な肌作りに欠かすことのできないビタミンCやビタミンB群を多く含んだ食品を積極的に摂るようにすることが、ニキビケアには大切です。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る