王道が近道!?お肌の健康をたて直してニキビを退治しよう!

王道が近道!?お肌の健康をたて直してニキビを退治しよう!

ニキビができる理由は!?

af788cb12466a214d6cd36e1068ecf84_s

ニキビに悩む女性が急増中です。以前は思春期のシンボルだったニキビですが、成人してからできる大人ニキビの話もよく聞かれるようになりました。

大人ニキビは皮膚科に行っても対症療法となり、根本的に治せないのが現実です。人によってニキビができる原因はさまざまで、特定するのが非常に難しいからです。

でも、特定が難しいからといって、あきらめてはいけません。どんな原因でニキビができたとしても、ニキビによくない条件を取り除いていけば、必ず改善できるのです。

まず、ニキビができやすい条件をご紹介しましょう。1つめは「乾燥」です。すべての肌トラブルは乾燥からくる、といっても過言ではありません。

お肌が乾いていると、古くなった角質層がきれいに剥がれていかず、毛穴がつまる原因になります。また、乾燥によってお肌のターンオーバーが乱れると、皮膚の新陳代謝がうまくいかず、ニキビができやすくなります。

2つめは「ホルモンバランスのくずれ」です。ストレスや生活リズムの乱れがあると、自律神経が不安定になり、ホルモンバランスがくずれていきます。

男性ホルモンが優位になると、毛穴が開いて油分を多く分泌し始め、脂性肌に傾いていってしまうのです。3つめの条件は「栄養バランスのくずれ」です。

偏食があると、ビタミンやミネラルの摂取が不充分になったり、脂質や糖質を多く摂りすぎたりして、健康を保つのが難しくなります。元気なお肌は、全身の健康があってこそです。

4つめは「合わない化粧品」です。お肌に合っていないものや、刺激がある化粧品を使っていると、お肌に負担がかかり、ニキビ肌になってしまうことも。

特にニキビ用を謳った化粧品の中には、殺菌力が強くお肌を弱らせてしまうものもあるので注意しましょう。

ニキビができる条件を取り除こう!

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s

ニキビを改善するには、以下のニキビになる条件を排除する対策が必要です。

1)保湿をしっかりする
2)ストレスに負けないリズムの整った生活サイクルを身につける
3)バランスのとれた食事をする
4)刺激の少ない化粧品を使う

なんだか、一般的なお肌のトラブル対策ですね。ですが、ニキビが繰り返しできるということは、そもそもお肌が健康な状態ではない証拠です。

確かなニキビケア方法は、お肌そのものを元気にすることなのです。それが遠回りに見えて、実は一番の近道といえるでしょう。

1)の保湿は、洗いすぎないこと、洗ったらしっかり保湿をすることが重要です。ローションや美容液でしっかり保湿したあと、オイルや乳液を薄く塗り、水分が蒸発しないようにふたをしてください。

「ニキビ肌なのにオイル?」と心配になるかも知れませんが、乾燥を防ぐことがなにより大事です。お肌が乾燥すると、毛穴は角質層を守るために皮脂を出します。

そうなると脂性肌の原因になってしまうので、たっぷり保湿したあと、その水分を蒸発させないケアが必要なのです。お肌が潤っていると、ニキビの跡も順調に改善することができます。

2)は、まず決まった時間に寝起きし、生活リズムを整えましょう。すると自律神経もそのリズムに合わせて安定していき、ホルモンバランスも落ち着きます。ストレス対策として、息抜きができる趣味や充分な休養も大事ですね。

3)は説明するまでもないでしょう。お肌は、ビタミンやミネラル、上質なタンパク質で作られます。サプリメントを使ってもいいですね。

4)については、添加物を含んでいないやさしい化粧品を選ぶようにしましょう。お肌がピリピリして赤くなるようなものは、いくらニキビにいいとされる化粧品でも避けたほうが無難です。

こうしたニキビケアは、最低でも2ヶ月は続けてみてください。

お肌の奥にある細胞が表面の角質になって剥がれ落ちるまで、約28日かかるといわれています。ニキビなどのトラブルがあるお肌は、このサイクルが乱れていることが多く、傷ついた肌細胞の修復にも時間がかかります。

ですから、まずは2ヶ月間、お肌の健康をしっかり整えていきましょうね。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る