女性ホルモンの乱れと顎ニキビ

女性ホルモンはエストロゲンとよばれ、男女問わず存在します。
女性の場合、このエストロゲンの分泌は月経の終了に合わせて排卵期に向かって増加し、排卵とともに一気に減少します。
しかしこの分泌がなければ、なかなか卵胞は育たず、排卵が遅れてしまいます。
通常排卵までは生理開始から14日前後と言われていますが、女性ホルモンが乱れるといつまでも月経が来ず、排卵日の特定も難しくなるのです。

 

顎ニキビがなかなか治らない人の多くは、このエストロゲンと、排卵後に分泌量が増加する黄体ホルモンのバランスが崩れていることがあるようです。
黄体ホルモンが常に活発であると、顎ニキビや肌荒れだけではなく、生理不順や脱毛、PMSの諸症状である頭痛や精神不安定が酷くなる傾向にあります。
一方、女性ホルモンの働きは、きめ細やかな肌を作り、毛穴が開いてもすぐにキメが整って改善されるという効果があるのです。
ニキビ治療や女性特有の疾患など、医療の分野でも女性ホルモンの投与があるほどです。
閉経した女性が太りやすくなったり、男性のように体のメリハリが減少しシミやシワができやすくなるのは、女性ホルモンの減少が大きな理由となります。

 

エストロゲンは美肌ホルモンとしても知られていますが、黄体ホルモンであるプロゲステロンには逆に皮脂分泌を活発にするため、簡単にニキビができてしまうのです。
特に女性の場合、生理前にはプロゲステロンの分泌量が最も多くなるため、スキンケアも油分の少ないさっぱりした低刺激の物を選びましょう。
女性ホルモンは生涯、たったスプーン1杯程度の分泌量しかないと言われている大変貴重なホルモンです。
そんな女性ホルモンと似た働きをする成分を配合したスキンケアブランドが、ラ・ミューテ美肌セットです。

 

ラ・ミューテの全ての商品に配合されている芳香なダマスクローズは、鼻腔を通じて血中に取り込まれ、やがて全身に運ばれるのですが、生理前などエストロゲンの分泌量が低下している際に積極的に使用することで、肌質の改善にもつながるのです。
洗顔と化粧水、美容液がセットになった美肌セットは、ホルモンバランスが乱れると不足しがちな潤いを積極的に導入できる、数少ないスキンケアシリーズでしょう。
私自身も顎ニキビとPMSに悩まされ続けた経験から、ホルモンバランスに左右される女性には特にお勧めしたい化粧品です。

女性ホルモンの乱れと顎ニキビ関連ページ

ホルモンバランスと顎ニキビの関係